個人病院の看護師の給与が安いのは本当?!

HOME > 看護師のお給料が知りたい > 個人病院の看護師の給与が安いのは本当?!

個人病院の看護師の給与が安いのは本当?!

女性20代
整形外科8年で主に手術室・病棟勤務

高校卒業と同時に准看護師の資格を取得し、そのまま短大進学した後自宅近くの現在の職場でもある整形外科へバイトとして勤務していました。
主に手術直後の患者の看護をしています。
短大卒業後、国家試験に1度落ちていますが、翌年再度国家試験を受け正看護師の資格を取得しました。

個人病院が勤め先

大阪市内のスポーツ整形に力を入れている個人病院の整形外科に就職しました。

手術室で働きたい

もともとは大学病院などの大きなところで救急科で働き、いずれはフライトナースや認定看護師取得を目指していましたが、実習がきつく看護師として働くこと自体に自信をなくしたため、救急は諦め、手術室勤務をしたいと思うようになり、現在の職場だとすぐに手術室歓迎と言われ常勤となりました。

わたしのキャリア

准看護師でバイト2年、正看護師で常勤9年目になります。

給与

総支給額は24万円ほどで、メディアでは看護師は30万超えていると言われていますが、現実ほとんどの人が超えていないと思います。

給与は不満

オペ室勤務もしていますが、病棟勤務も掛け持ちせざるをえない状況にもかかわらず、オペ室手当は1日2000円しかないので、給与については不満です。
また日勤の残業は当たり前になっているし、もう少しアップしてくれてもいいのではないかと思ってますが、個人病院なので仕方ありません。

給与UPするには

給与UPには認定看護師のような専門的な資格をとるか、看護師長などの役職にあがるしかないと思います。

認定看護師の資格をもちたいが

一時期、救命の認定看護師を取りたいと思った時期がありましたが、今の職場では経験年数がカウントされないので辞めて大学病院などの大きなところで経験をつまなければいけないということがわかり、辞める勇気がなく現在に至ります。
機会があるならば今でも認定看護師を取りたいと思っています。

スキルアップが必要

経験年数が物を言う職業なので、キャリアを積んで昇給を狙うか、認定看護師のような資格を取るか、看護師長など役職につくしか給与UPは見込めません。
看護の仕事は常に勉強なのでスキルアップを頑張ってください。

ページの上部へ